ブログ

PMS症状は当たり前じゃない(Part1)

2015年08月19日

PMS症状って聞いた事あるかと思いますが、生理前(3日~10日程)になると

・イライラする

・憂鬱感がある

・肩こりがひどくなる

・胸がはる

・お腹が痛む

・むくむ

・過食になる

・異常な眠気

・涙もろくなる

などの不快症状が出る事をPMSと言います。

ちなみに私、全部症状出てきます(T_T)

このような症状がPMSだと知らなかった30代前半までは、とっても悩まされていました。

酷くネガティブになったり、仕事がきちっと出来なかったり、夜中の異常な食欲だったり、ちょっとした事がイライラして止まらなかったり。。。と

でも、アロマテラピーに出会って、体の事を勉強するようになってから、ホルモンの関係でそうなるんだな~、だから上手に付き合えばいいのね!!

と思うようになりました。

でも、そんな症状が出ても、落ち込む事はなくなったものの、やはり体がだるくて、だるくて仕事がまともに出来ないという辛さがありました。

でも、今勉強中の中医学を知って、PMS症状は当たり前じゃないんだっていう事を知りました。

体が必死に訴えているサインなんです。

体のバランス崩してるよ~!!

五臓六腑と気(筋)血(血液)津液(体液)のバランス崩してますよ~!

自分の体をよく見てね!!!

って言ってくれている有りがたい症状だったんですね。

今、PMS症状の出ている方も、そんな風に自分の体を見ると、とっても自分の体が愛おしくなります。

言葉がしゃべれないペットと同じような感じかな?

でも必死に訴えて、私の為にフル稼働で働いてくれている体に感謝ですよね。

そんな物言わぬ声を聞いたら、「何々?どこが辛いの?」って聞いてあげましょうね。

明日からは症状別の対応方法について書いていきます。

 

 

ページトップへ戻る